相手の確認をする

自動車を運転している途中で交通事故にあってしまった場合、事故の現場では、被害者の救護や路上の危険の防止、警察への通報など、しなければならないことがたくさんありますが、こうした緊急の対応がある程度済んだら、事故の相手の確認をしておくことが重要です。
その際少なくとも把握したい情報としては、氏名、住所、自宅や職場の電話番号などの連絡先、自動車のナンバープレートに書かれた登録番号、加入している自賠責保険や任意保険の保険会社の名称といったものが挙げられます。これらをメモしておくか、携帯電話の機能を使って写真を撮影しておいてもよいでしょう。
個人情報を拒否された場合でも、最低限、自動車のナンバープレートの登録番号を控えておけば、加害者自身と自動車の所有者が違っていた場合であっても、運行供用者責任として、所有者の賠償責任を追及できる可能性があります。
もし当て逃げやひき逃げといった場合であっても、同様に自動車のナンバープレートを携帯電話で撮影しておき、警察官にその情報を提供すれば、あとで捜査してもらう際にも有利です。
こうした情報は、いずれ保険会社に事故の申告書や保険金請求書を提出する際に必要となるほか、自動車安全運転センターに交通事故証明書を請求するにあたっても必要となるものです。

Comments are closed.