保険会社への連絡も忘れずに

クルマ社会において、数えきれないほどのクルマがひしめき合っていますから、いつ事故が起きてもおかしくはありません。クルマとクルマの事故はもちろん、自損事故、人身事故など、様々なケースが考えられます。事故を起こしてしまったり、巻き込まれたりしたときは、動揺してしまい、冷静な判断ができなくなってしまいがちですが、慌てずまず必ずしなければならないことをいつも覚えていくと良いと思います。

まず、最初にしなければならないのは、けが人がいないかの確認です。けが人がいる場合は、当然救急車への連絡を必要になります。次に警察へ通報します。けが人がいる場合でも、いない場合でも必要です。特にクルマとクルマとの事故の場合、示談で済ませるのではなく、警察に通報することが大切です。これは後からトラブルが発生しないようにするためです。警察に現場を見てもらい、もしトラブルが発生した場合の証人となってもらうわけです。

そのあと、保険会社に事故連絡を入れます。担当者がいろいろ尋ねてきますから、それに合わせて答えていけば良いでしょう。その後、相手方との交渉などもすべて行ってくれるので、お任せすれば大丈夫です。その意味でも、しっかりとした対応力がある会社を選ぶことが重要です。

Comments are closed.