負傷者の救護と救急車の要請の方法

交通事故が発生した場合に、すぐに行わなければならないのが、負傷者があればその人を適切に救護するということです。
現場で止血などの応急措置ができるのであればそれを行うとともに、携帯電話や公衆電話で119番通報をして、救急車を現場に呼ぶことになります。
この救急車の要請方法ですが、電話通報した場合、消防署の通信指令室の職員から、まずはじめに火事か、救急かという問いかけがありますので、救急である旨を伝えます。
派遣してもらいたい住所については、明確にわかっている場合は市町村名からその住所を告げます。不明である場合には、近くのビルなどの目立つ建物の名前や、信号機に掲出された地名表示、電柱の番号など、その場所が特定できるような情報を伝えます。
また、被害者の状態として、だいたいの年齢、ケガをしている部位、意識や呼吸の有無などを簡潔に伝えます。もし救急隊到着までに現場で何らかの応急措置が必要な場合には、その際に指令室からアドバイスがありますのでこれに従います。
最後に通報者の氏名や住所を聞かれますので、これで119番通報は終了ですが、救急隊を待つ間にも、被害者の容態の確認のほか、警察への連絡、相手方の住所・氏名や加入している保険会社の確認など、現場ではさまざまなことが必要となってきます。

Comments are closed.