警察への連絡を必ずする

不幸にして自動車事故が発生してしまった場合、事故現場はかなり混乱することが予想されますが、そうしたなかでも道路交通法で必要とされている最低限の措置は行わなければなりません。
まずは運転していた自動車を安全な場所に停車させ、ケガなどをした被害者がいる場合については、救急車を手配するか、病院に運ぶなどして、適切な救護に努めなければなりません。
また、事故にあった自動車が道路をふさぐなどしている場合には、これを移動させたり、発煙筒を焚いたりして、二次災害などの危険を防止するようにすることも必要です。
それとともに、事故があった旨の警察への連絡を必ず入れるということも大切なことで、これも道路交通法のなかでの報告の義務が課せられています。
単に法律上の義務であるということのほかにも、あとで自賠責保険や任意の自動車保険の保険金を請求するにあたっての便宜のためといった理由があります。
こうした報告を行っておけば、あとで自動車安全運転センターから交通事故証明書を取得して、事実関係を証明することができるため、書類不備で保険が下りないといったおそれが少なくなるためです。
大きな事故であれば、110番通報をすればパトカーが来て現場の検証をすることになりますが、軽易な物損のようなものであれば、当事者が最寄りの交番に出向いて確認を受けるということもあります。

Comments are closed.