危険防止の重要性

クルマは非常に便利で楽しい者ですが、同時に命の危険に直結するものでもありません。毎年たくさんの交通事故によって大けがをしたり、死亡したりということがあるわけですから、危険防止対策をしっかりと行って、運転することが大切です。

危険を回避するために最も有効なことは、安全運転を心がけることです。具体的には、まず制限速度を守って運転することが大切です。制限速度は遅いと感じるかもしれませんが、危険を回避できる速度が設定されているわけですから、これを破っての運転は、リスクが格段に高くなることを知る必要があります。

次に、脇見運転をしないことです。事故を起こす大きな原因の一つに、運転中オーディオを操作していていて不注意になり事故を起こすということが少なくありません。また、携帯電話をかけながらの運転も大変危険です。禁止されていることを知りながら、携帯運転をかけながら運転しているドライバーは少なくありません。

また、飲酒運転はもってのほかですが、いまだに後を絶ちません。危険運転致死傷害に問われる大きな過失ですので、絶対に飲酒しての運転は避けなければなりません。また、寝不足や疲れ、持病を抱えての運転も細心の注意が必要です。

Comments are closed.