目撃者への確認をする

交通事故を起こしてしまった場合に、双方が走行していて事故の原因がはっきりとわからない場合などは目撃者の証言が非常に大切になります。
交通事故で停車中の車両に追突する場合は、車を運転していたほうが100パーセントの過失があるのですが、双方が走行中に車線変更などを行い接触してしまった場合などは過失割合がハッキリしません。
このように過失割合がハッキリわからない場合には、双方が自分にとって有利な証言をします。
交通事故が起こった場合には警察が現場確認に来るのですが、事故当事者の双方から話を聞きますが、事故に関係ない第三者がいればその人からも話をしっかりと聞いています。
これは、事故当事者は自分の有利な証言しかしないことから、事故に関係のない第三者が一番冷静に事故現場を見ているからです。
交通事故を起こしてしまって、相手の運転手との意見が異なる場合には、第三者が事故を目撃していなかったかをしっかりと確認しておくことが大切です。
第三者がいれば、警察に見ている人がいると伝えればしっかりと話を聞いてくれ、事故証明書を作成してくれます。
また、保険会社に事故の状況を説明する場合にも、第三者が事故状況を目撃していることを伝えておくことも大切です。

Comments are closed.