事故現場で注意すること

事故現場でまず最初に行うべきは、怪我人救護と危険防止です。
怪我人がいるのであれば応急措置・救急車の手配等を行います。また交通渋滞や二次被害を避けるために車を安全な場所に移動させ、後続車に注意を促します。
その他の注意点としては、その場で示談をしない事です。念書などを書いてしまうと示談済みとなり、保険会社が交渉できなくなります。正確な損害額や怪我の状況が、事故発生後に直ぐにわかる事は絶対にありません。まずは、保険会社の事故担当から後で連絡するよう手配しますと伝えておけば大丈夫です。
また、相手の確認は絶対に必要です。名刺を渡されるケースがありますが、他人の名刺を渡して逃げてしまう手口もあります。免許証・車検証で、運転者や車の所有者を確認し記録に残しておくことが大切です。
携帯電話番号を聞いた場合は、実際にその番号にかけて着信確認までしておくのも良いかもしれません。
警察の実況見分に立ち会う際には、自分が加害者側・被害者いずれの立場であっても、自分の主張はしっかりと伝えておく事です。位置関係やスピードなどの事故状況も、日数が経つと記憶が曖昧になったり、間違えて記憶が変わってきたりします。現場で自分自身でも写真を取ったり、メモに状況を走り書きしておき記録に残す事も大切です。

Comments are closed.