事故現場の確認をする

自動車を運転していて、交通事故を起こしてしまった場合には、事故現場でしっかりと自動車の損傷を双方で確認しておくことが大切です。
交通事故を起こすと、すぐに110番通報して警察官に現場を確認してもらわなければなりません。
これは、道路交通法で定められているので、警察に連絡しなければ事故不申告となり、処罰の対象となることもあるので注意が必要です。
現場に警察官が来てくれて、事故の状況などを確認してくれるのですが、自動車の損傷などを確認して必要事項を聞くとすぐに帰ってしまいます。
警察は事故の現場で間違いなく事故が発生していたことの事故証明書を作成するだけで、過失割合やその後の手続きについてはしっかりと説明してくれません。
交通事故の過失割合や自動車の修理代については民事事件となることから、警察は原則介入することができないことからこのような手続きになってしまうのです。
そのため、自動車が損傷しているのであれば、事故当事者双方で確認をして写真撮影を行うことが大切です。
交通事故の修理代などはあくまで示談交渉になるので、双方で納得していないと後で大きな民事訴訟となる場合があります。
事故の現場でしか双方揃って自動車を確認することができないのでしっかりと確認して納得するまで話し合うことが大切です。

Comments are closed.